アストンマーティンV8 シリーズ4は、なぜ オスカーインディア と呼ばれるのか? その5

マイク・ロスビー氏によれば、

Alan Curtis used to fly up from Blackbushe to Cranfield

「アランカーティスさんは、ブラックブッシェ空港からクランフィールド空港までセスナで通勤」していたそうです。

地図でみますとこんな感じ......↓

南にある飛行機マークが、ブラックブッシェ空港

北にある飛行機マークが、クランフィールド空港

クランフィールド空港の南西部の印がアストンマーティン本社のあるニューポートパグネル

ブラックブッシェ空港からクランフィールド空港まで、直線距離で85キロ。

セスナ152の巡航速度は、198キロ/時

30分かからない距離。

一方、自動車で道路を走った場合は......直線には道路はつながっていないようなので回り道を強いられるのでしょう。2時間以上はかかるのでは?


アラン・カーティス氏はブラックブッシェ近くに自宅があったのでしょう。

自家用機も保持しいていたので、毎日自家用機で通勤されていたのでしょうね、きっと。

で、航空機を運航して空港から空港に飛行する場合ですが、自動車のように勝手にいくわけにはいきません。

事前に、目的飛行場に許可申請をして飛行計画書を提出しないとダメなのです。

予約がいるわけですね。

そして、航空機を飛行させながら、無線で空港の管制塔とやり取りをしないといけないわけです。

このあたりは、私はプロフェッショナルパイロットライセンス保持者なので、だいたいわかるのです。

どういったやり取りかといいますと......。





 ↓  ↓ 応援よろしくお願いします↓ ↓

     
自動車 ブログランキングへ   
 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
フィード