アストンブランチで出会った車 その③ アストンマーティンV8 ヴァンティッジ ザガード 2014年10月19日(日曜日)

これが入ってきたときも驚きました。

アストンマーティンV8ヴァンティッジ・ザガードです。

左ハンドルのマニュアル車


リアのセンターには、アストンとザガードのコラボエムブレムが貼られています。


斜め後ろからのアングルも素晴らしい。


このホイールもザガードデザイン。


サイドウインドウの形も独特の形状。

この車ですが、麻布自動車が入れた正規輸入車で、新車で買われてワンオーナーモノだそうです。

一時、1億円とか言われていた車でしたね、バブルのときは。

日本に生息するアストンマーティンV8ヴァンティッジ・ザガードは、この固体を含めて2台のみ(2014年12月現在)だそうです。

もう一台は、白いオートマティック仕様のヤツだそうで。

このページでも書きましたが、

白いアストンマーティンV8ヴァンティッジ・ザガードのオートマチック仕様

は、五木ひろしさんが特注したモデルですね。

僅か52台しか製造されなかったアストンマーティンV8ヴァンティッジ・ザガード・クーペ。

しかも、記録では5速マニュアルのみの筈。

白いオートマチック仕様となれば、世界中探しても五木ひろしさんが特注したそのモデル1台きりでしょう、多分。

ならば、それはやはり、五木ひろしオーダーモデル でしょう。

赤いアストンマーティンV8ヴァンティッジ・ザガードのオーナーにこの話をしたところ、

『白いモデルは並行輸入で正規輸入ではないんだよ。今のオーナーもよく知ってる人だよ。噂では聞いていたけど、五木ひろしがオーダーしたってのは本当だったんだ~、君が証人だね!今のオーナーにも伝えとくよ......』


アストンマーティンマニアには、このネタは結構、ウケるようです。





 ↓  ↓ 応援よろしくお願いします↓ ↓

     
自動車 ブログランキングへ   
 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村





フィード