アストンブランチで出会った車 その⑥ アストンマーティン DB7 前期型 2014年10月19日(日曜日)

アストンマーティンDB7の前期型です。

年間生産台数200台程度を数千台にまで一気に引き上げた立役者。
DB7は、本当に素晴らしいデザインをしていますね、イアン・カラムは天才です。

もし、新型ジャンセンみたいな、こんなデザインだったら......↓

終わってますね、きっと。

DB9も、新型V8ヴァンティッジも、ヴァンキッシュもなかったでしょう。

現にジャンセンの復活は、これでストップしているし。

それを考えますと、DB7はとても偉大なるモデルですね。

アストンマーティンを世界的なスーパーカーメーカーに引き上げたモデルです。

直6気筒モデルのDB7には前期型と後期型があってその見分け方は、

ホイールとハンドル上のエアバッグの有無

です。

こんなホイールだと後期型の筈なのですが......↓


ハンドル上にはエアバッグがありません↓

この点をオーナーさんに伺ってみますと

『ああ、ホイールに関しては、ホイールキャップを外してあるんですよ、外したら前期型も後期型と同じになります』

とのこと。

アストンは全て奥深し。


 ↓  ↓ 応援よろしくお願いします↓ ↓

     
自動車 ブログランキングへ   
 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村





フィード