アストンブランチで出会った車 その② アストンマーティン・ラゴンダ もう一台

アストンブランチは、全く、凄い。

総生産台数98台(Aston Martin Power, Beauty, and Soul 2nd Edition アストンマーティン写真集 参照)のアストンマーティン・ラゴンダ ファイナルモデル。

日本にある数は、何台もないのでは?

そんな幻の名車が、さらに、もう一台登場しました↓

こちらはブルー。

やはり、シリーズ4。

こちらも、左ハンドルです。

センターコンソールにある Tickford(ティックフォード) のシールがイケてますね。

ティックフォードといいますと、1820年代に設立されたコーチビルダーで、アルヴィスやヒリーの車体を生産していました。

で、1955年にサー・デビッド・ブラウンに買い取られて傘下となり、ボディ作成ばかりでなくエンジン開発まで行う会社。

ニューポートパグネルにあるティックフォード通りから社名を取ったといわれています。

そのティックフォード社が、ラゴンダの車体を作成したので、Tickfordのシールが貼ってあると......。


ラゴンダのファイナルモデル2台とV8ヴァンティッジ・ザガード。

なんとも贅沢。

貴重なるモデル3台が揃い踏み。

アストンブランチ、恐るべしっすね。




 ↓  ↓ 応援よろしくお願いします↓ ↓

     
自動車 ブログランキングへ   
 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村





フィード