アストンマーティンV8オスカーインディア 2014年アストンマーティン・オーナーズクラブジャパン(AMOCJ)の会合で出会った車その② 

私の一番好きなアストン。

オスカーインディアです。↓

なぜ、オスカーインディアと呼ばれるかは、このページをご参照くさだい。
良い顔してますね~↓


側面のエアダクトとバッジ。十代の頃からの憧れでした↓



顔の部分の微妙なライン。ニューポートパグネルの職人さんたちが手で叩き出したデザイン。


リアのダックテール。これも職人さんの手作り


エンジンは別の職人さんが1個1個ボルトを絞めて仕上げた手作りエンジン。


エンジン職人さんの名前は、フレッド・ウォーターさん(FRED WATER)


職人さんのボルトの締め方でエンジンの調子が微妙に変わるそうです。

フレッド・ウォーターさん(FRED WATER) は、かなりの熟練工だったようで、

『FRED WATER氏が組んだエンジンの車体なら、購入したいのですが......』

といった引き合いがこの車には来ているそうです。

ボディもエンジンも手作り。

イギリスの工芸品。

私の永遠の憧れ、オスカーインディア。

根性が要りそうですね、維持するのに。

 ↓  ↓ 応援よろしくお願いします↓ ↓

     
自動車 ブログランキングへ   
 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村





フィード