オーテック ザガード スティルビオ  BLUE ATAMINO ITALIA  2015 で出会った車 その③ 2015年05月24日(日曜日)

オーテック ザガード スティルビオ↓

バブル期には1700万円とか言われていた超高級車。

中身は日産レパード、デザインはZagardという信頼性の高そうなイタリアンデザインの車。


角ばったデザイン、バブルルーフがZagardの特徴。

このバブルルーフのデザイン、3代目のMazda RX-7にパクられていたような......。

Stelvio (スティルビオ)とは、イタリアにある峠の名前。

当時オーテックの社長だった桜井眞一郎さんが、若いころにイタリア出張していてこの峠に立ちより感銘を受けて命名した

が、名前の由来だとか。

右ハンドルです。日産ベースなので。

このフェンダーミラーとボディを一体化する、というのは桜井眞一郎さんのアイデアだそうです。

しかしこのデザイン、評判よくなかったようで、追従するモデルはありませんね。

まあ、ヨーロッパでは昔からドアミラーが主流であって、フェンダーミラーはありませんから。

この車のデザインは、ザガードよりもオーテックからの注文が多く、最初とは全く違ったデザインとなったようで、ザガード側では、

「なかったことにしたいモデル」

だとか......まあ、噂ですけど。

生産台数が少ないので、そのうち評価が高まるかもしれません。


 ↓  ↓ 応援よろしくお願いします↓ ↓

     
自動車 ブログランキングへ   
 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村





フィード